身長が伸びるか否かは、成長ホルモンが鍵を握っています。

身長を伸ばすための4つのポイント

 

子供の身長が高いことを望んでいるのなら、早い内から対策しておかなければなりません。
身長がすべてでは無いと分かっていても、平均身長は超えて欲しいと思うのが親心です。

 

では、どうすれば身長が伸びるかというと成長ホルモンが鍵を握っています。
成長ホルモンは子供の骨を成長させ、内臓などを大きく成長させるのに欠かせないホルモンです。これがしっかりと分泌されていないと、子供は他の子よりも成長が遅れて低身長になりやすいのです。

 

ここでは身長が伸びる要素を、4つのポイントとして紹介します。
何が子供の身長に関係しているのか、その秘密に迫りたいと思います。

 

 

たっぷり睡眠を取るのが大切

眠る子供

子供の身長を伸ばす上で重要になるのが睡眠です。
寝る子は育つと言われているように、睡眠は子供の成長と密接に関わっているのです。

 

なぜ睡眠が大事かというと、骨を大きくする成長ホルモンが睡眠中に分泌されるからです。
特に眠ってから2時間から3時間後が成長ホルモン分泌のピークになると言われています。
眠りが浅かったり、十分な睡眠が取れていない場合は成長ホルモンは減少してしまうでしょう。

 

そうなれば、どれだけ栄養や普段の生活を充実させても身長が伸びるスピードは落ちてしまいます。

 

寝る子は育つ、先人の教えに従い、子供にはたっぷりと眠ってもらうようにしてください。
これこそが身長を高くするためのポイントです。

 

 

栄養バランスの良い食事

食事をする子供

子供の身長を伸ばすためにはバランスの良い食事も大切です。
成長には様々な栄養素が必要になるので、栄養が偏っていると健やかな成長は望めません。

 

子供の頃に必要な栄養素としては、まずタンパク質が挙げられます。
肉などに含まれているため、ビーフカレーやハンバーグにすると喜んで食べてくれるでしょう。

 

他にはカルシウムも大事です。
カルシウムは骨の成長をサポートしますし、成長ホルモンの分泌にも関係しています。
厄介なことに、カルシウムは吸収しづらいため、少し摂取しただけでは効果が薄いです。

 

不足しがちな栄養素の1つなので、乳製品や大豆製品でカルシウムを補いましょう。
時にはサプリメントを活用するのもありです。

 

 

軽い運動を行うのも大事

準備体操をする子供

適度な運動を行うのも子供の成長を育む上で重要です。
栄養や睡眠が十分でも、適度な運動が無ければ健康的な成長とは言えません。

 

骨や筋肉は使わないと衰えて行くものなので、適度に刺激を与えてあげることが大事なのです。
疲れ果てるまで運動する必要はなく、30分ほど散歩するぐらいで十分な効果があります。
子供であれば公園で楽しく遊ぶだけでも良い刺激となるでしょう。

 

スマホやテレビで部屋にこもっているのは、あまり健康的とは言えません。

 

 

親の愛情が子供を育てる

仲の良い親子

 

栄養や睡眠をたっぷり取ることは大事ですが、それ以上に大切なのは愛情です。
親の愛情が不足していると子供の精神バランスは崩れてしまいます。

 

ネグレクト虐待を受けている子供は心のバランスが崩れてしまうため、成長が阻害されてしまうのです。

 

不安定な心だと睡眠バランスが崩れますし、成長ホルモンの分泌も減少します。
親の愛情をたっぷりと受けた子供は不安無く、毎日を元気に過ごせます。
愛情が不足すると食欲不振や行動意欲が薄れてしまうので、子供に向ける笑顔を忘れてはいけません。
子供の身長を伸ばす上で欠かせないポイントなので覚えておきましょう。

 

身長を伸ばしたい気持ちは分かりますが、他の子供と過剰に比べるのはダメです。
そうした空気を子供は敏感に感じ取るので悲しい想いをさせてしまいます。

 

自分の子供は唯一無二の存在であり、何物にも代えられない愛しいものという気持ちを大切にしましょう。

 

 

 

子供専用身長サプリ15選