男性で170cmぐらい、女性で158cmぐらいあると、他に勝るとも劣らない状態になります。

日本人の平均身長

 

身長を測る

周りの子供より身長が高くなって欲しい、そんな希望を持つ親は少なくありません。
身長は低いよりも高い方が見た目がかっこよくなりますし、モデル体型にもなれるでしょう。

 

他の人よりも高いと周囲と比べてしまうのは日本人特有の気質かもしれません。
自分自身の絶対評価よりも他社からの評価を気にするのが日本人らしさとも言えます。
そこで気になるのが、日本人の平均身長でしょう。

 

具体的にどれぐらいの身長があれば他の人よりも高くなるのかは大事なポイントです。
そこで日本人の平均身長を調べてみました。
自分の子供がどこまで成長すれば平均以上になるかの参考にしてみましょう。

 

日本人の平均身長

20歳以上の男女の身長を計測した結果、平均値は男性が167.5cmで、女性は154.6cmでした。
意外と低いように感じるかもしれませんが、これが日本の平均身長なのです。

 

元々、身長が低いのが当たり前だった日本人の身長が伸び始めたのは欧米の食文化が入って来た時です。
食生活の変化によって日本人の平均身長は大きく伸びているのです。

 

そして現在、男女の平均は前述のようになっています。
平均身長はあくまでも平均であり、優劣を決めるものではないと認識しておきましょう。

 

身長の多寡で人生が左右されることはほとんど無いと考えて良いです。
時には、キャビンアテンダントの夢を身長を理由に諦めなければならないこともあります。

 

しかし、多くの人は身長によってマイナスになることはありません。
身長によって子供の優劣を決めてはいけない、それこそが真意なのを理解しましょう。

 

年齢別の平均身長

年齢別の身長も見てみましょう。

 

20歳以上は、前項で説明したように男性が167.5cmで、女性が154.6cmとなっています。
これが全年齢になると男性が161.2cmで、女性は150.5cmとなります。
20歳から29歳限定で見ると、男性は171.6cmで、女性は157.9cmが平均です。

 

年齢によって平均身長に差はありますが、男性であれば170cmぐらい女性なら158cmぐらいあると他に勝るとも劣らない状態になります。
そのぐらいの身長を目標に子育てするのも良いかもしれません。

 

急に身長は伸びませんので日頃から栄養バランスや睡眠をしっかり取る必要があります。
平均身長を超える子供になるかは親の子育て次第です。
周りの子と差を付ける身長対策を行って、将来誇れる息子や娘を眺めるのは親の特権でしょう。