骨の成長に乳製品、大豆製品、タンパク質が欠かせません。

日頃の食事に取り入れたい食材

 

子供の身長のことを考えるなら、毎日の食事を工夫してみましょう。
成長に欠かせない栄養素はたくさんありますので、バランスを考えた献立が良いです。

 

また、食事だけでなく成長ホルモンの分泌などにも気を配りましょう。
快適な睡眠を取れるように食事を気にしてあげるのも効果的なのです。

 

食事にどのような食材を取り入れると効果的か紹介したいと思います。

 

ちなみに、栄養バランスだけを考えると子供が食事を嫌いになる恐れがあります。
子供の好物にうまく混ぜ込むのが大切ですし、楽しい食事でなければ意味が無いことを肝に銘じておきましょう。

 

乳製品を取り入れる

ヨーグルトやチーズ、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれています。
骨を成長させなければいけない子供にとって、カルシウムは必須の栄養素だと言えるでしょう。

 

日々の食事に乳製品を取り入れるなら、3時のおやつや食後のデザートにヨーグルトを使ってみてください。
消化も良いですし食べやすいので人気のデザートです。

 

牛乳を持つ少女

牛乳が苦手でなければコップ1杯ほど飲むような習慣を作ると良いです。

 

ただし、匂いや味が苦手な子供は多いので無理して飲ませるのはいけません。
お腹を壊しやすい一面もあるので下痢をする場合は飲むのを止めましょう。

 

また、大量に飲めばよいものでもありません。
一度に吸収できるカルシウムは決まっているので過剰に摂取してもダメなのです。

 

大豆製品も高身長に効果あり

大豆製品も身長を伸ばす上で効果的な働きをします。
味噌汁も良いですし、大豆やアーモンドを1粒か2粒食べるだけでも良いです。

 

ちなみに、アーモンドなどは硬いので噛む力が十分になってから与えるようにしてください。
小さい子供だと喉に詰まらせる危険もあるので要注意です。

 

大豆にはカルシウムが多いですし、子供でも食べやすいのでおすすめです。
お菓子感覚で食べられるので人気が高いです。

 

肉などのタンパク質も摂る

大人の感覚で、ついつい高カロリーや塩分が多いものを避けてしまう場合があります。
しかし、子供にはカロリーが必要ですし、良質なタンパク質がたくさん無くてはならないのです。

 

子供が成長する上でタンパク質は極めて重要です。
カルシウムばかり取っていても、身長だけ伸びて筋力の無いもやしっ子になってしまうでしょう。
程よい筋肉や脂肪を蓄えるのも子供の役割なのです。

 

あまりにも高い塩分やカロリーはダメですが、程よいエネルギーを常に発揮できるようにしてあげましょう。
ハンバーグやからあげ、チキンはタンパク質が豊富なので食事に取り入れてみてください。