良質な睡眠を取るには、リラックスして眠れるような環境にしてあげましょう。

質の良い睡眠をとるために

 

質の良い睡眠を取れば、自然と子供は成長して行くものなのです。
睡眠時に分泌される成長ホルモンが子供の身長を高くしてくれるでしょう。

 

しかし、質の悪い睡眠を繰り返していると成長ホルモンの分泌は十分に行われません。
そうなってしまうと周りの子に身長で大きな差を付けられてしまいます。

 

良質な睡眠を得るにはどうすれば良いでしょうか?

眠ろうと思うと逆に眠れなくなってしまうように、眠ろうと思ってもなかなか眠れないことがあります。
どうすれば良質な睡眠を取れるのか、自然に眠くなるのかを紹介します。

 

睡眠の2時間前は入浴しない

質の良い睡眠をするなら、眠る2時間前にはお風呂を済ませておきましょう。
体温が高くなると人は目が覚めてしまうものなのです。

 

雪山で遭難した人が眠くなってしまう現象を聞いたことがあると思います。
あれの逆で、体温が上がると眠気が感じにくくなってしまうのです。
自然と眠りに付くのであれば体温は必要以上に上昇させない方が効果的です。

お風呂に入る親子

 

そのため、睡眠の2時間前にはお風呂を済ませておくのが良いのです。
お風呂からあがった後にしばらくすると体温は通常に戻ります。
そうなると自然と睡魔を感じるようになるでしょう。

 

寝る直前のスマホやテレビは禁止

寝る間際の時間は何かと退屈してしまいがちです。
子供であれば特に退屈を感じやすいでしょう。

 

布団でスマホをいじる子供

そうなると使ってしまうのが手軽なスマホやテレビです。
電気が付いている状態だと交感神経が刺激されるため、極端な話をすると興奮状態になっています。

 

リラックス出来ていないと良質な睡眠を取るのは難しいのです。

 

ゲームで遊んだり、動画を見たりするのは止めさせましょう。
子供にとってはつまらないでしょうが、そこは親としてきっちりと教育するべきです。
変に甘やかして夜更かしさせてしまうと子供の成長に悪影響となります。

 

リラックスできる寝室

寝る準備を整えるのなら、気持ちをリラックスさせるのが一番です。
子供が興味を持つ物はなるべく寝室に置かないようにしましょう。

 

また、隣の部屋で大人がわいわい騒がしくするのは良くありません。
子供がリラックスして眠れるように静かな環境を用意してあげるのが良いです。
テレビの音が僅かに聞こえるだけでも子供の気持ちは高ぶってしまいます。
下手に子供の好奇心を刺激しないように、リラックスできるようにしてあげましょう。