30分ほどの運動で、骨や筋肉に対して程よい刺激を与えられます。

身長を伸ばすための適度な運動

 

子供の成長を願い、身長が高くなることを望むなら適度な運動をしましょう。
大人の間でもしばしばダイエットや健康のために運動が推奨されますが、それは子供も同じなのです。

 

身長を伸ばすには骨に適度な刺激を与えるのが効果的です。
歩くだけでも良い刺激になりますので、可能なら毎日外で遊ぶぐらいの元気があると理想的でしょう。

 

どの程度の運動が理想的なのかも含めて、ここで解説したいと思います。
運動することは子供の成長にとって極めて重要です。
適度な運動がもたらす様々な恩恵についても教えます。

 

適度な運動とは?

散歩をする親子

まず最初に触れておきたいのが適度な運動の範囲です。

 

1時間運動すれば良いのか、それとも2時間以上が適度な運動なのかは判断に困ります。

 

そこで1つの基準にしたいのが、30分ほどの散歩です。

これぐらいの運動で骨や筋肉に対して程よい刺激を与えられるのです。
結果、子供の成長へと繋がり身長のアップになるでしょう。

 

もちろん、適度な運動だけで身長が伸びる訳ではありませんが、促進させる効果は期待出来ます。

 

公園で遊んだり、サッカーや野球で遊んだりしたのなら十分過ぎるでしょう。

 

運動による空腹になる

子供の内はとにかくたくさんの栄養が必要です。
手っ取り早いのはたくさんご飯を食べることですが、子供の胃袋では大量に食べるのは困難です。
食べムラがある子供は、食べたり食べなかったりするので栄養バランスは崩れてしまいがちです。

 

しかし、運動を行えば話は別です。
よほど激しい運動をしていない限り、基本的には空腹を感じるでしょう。
そうなれば食事の量も自然と増えるので必要な栄養をたっぷりと補給出来ます。

 

タンパク質やカルシウムを中心に食事の献立を考えると良いです。
他にも、炭水化物から食物繊維、ビタミンまで幅広く栄養を取るイメージにしておくのが理想です。

 

疲労による睡眠

適度な運動をしていると疲労が蓄積されるので、夜にぐっすりと眠れるでしょう。
疲労によって他の物事への関心が薄れるためテレビなどに気を紛らわされることがありません。

 

こうして良質な睡眠を取ると、成長ホルモンの分泌が増大するのです。
成長ホルモンが分泌されれば子供の骨が成長し、身長が自然と伸びて行くでしょう。

 

適度な運動を行うだけで、子供の成長に必要な食事と睡眠が促進されるのです。
身長を伸ばしたいのなら食事睡眠も大事ですが、適度な運動を行えば大丈夫です。
運動を行っていれば自然と食事や睡眠に関心が向くようになるのですから。